武井浩三

社会活動家
社会システムデザイナー

高校卒業後ミュージシャンを志し渡米、Citrus College芸術学部音楽学科を卒業。帰国後にCDデビュー。アメリカでの体験から起業するも、倒産・事業売却を経験。

「関わるもの全てに貢献することが企業の使命」と考えを新たにし、2007年にダイヤモンドメディア株式会社を創業。

会社設立時より経営の透明性をシステム化。「給与・経費・財務諸表を全て公開」「役職・肩書を廃止」「働く時間・場所・休みは自由」「起業・副業を推奨」「代表・役員は選挙で決める」といった独自の「管理しないマネジメント思想」は次世代型企業として注目を集める。

2017年には「ホワイト企業大賞」を受賞。ティール組織・ホラクラシー経営等、自律分散型経営の日本における第一人者としてメディアへの寄稿・講演・組織支援などを行う。2018年にはこれらの経営を「自然(じねん)経営」と称して一般社団法人自然経営研究会を設立、代表理事を務める。組織論に留まらず、「自律分散・循環経済・繋がり」をキーワードに、持続可能な社会システムや貨幣経済以外の経済圏など、社会の新しい在り方を実現するための研究・活動を多数行なっている。

不動産領域におけるITサービスの普及活動にも尽力し、2018年に一般社団法人不動産テック協会を設立、初代代表理事を務める。一般社団法人LIVING TECH協会発起人/理事、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会IT部会幹事、国土交通省公益遊休不動産活用プロジェクトアドバイザーなどを歴任。

現在は、鎌倉投信創業者の新井和宏氏が立ち上げたコミュニティ通貨のプラットフォームを運営する株式会社eumoのボードメンバーとして新しい金融経済に関わりながら、SDGs関連や組織開発、フェアトレード等、多数の企業にてボードメンバーを務める。また世田谷区における地域活動ではNPO法人neomuraの理事として地域のお祭りや清掃活動、情報発信を行う。2019年の世田谷区ふるさと納税キャンペーンのエバンジェリストにも選出される。

【経歴】

ダイヤモンドメディア株式会社 創業者
ホワイト企業大賞 企画委員会 委員
奈良県立大学 地域創造学部 客員研究員
株式会社eumo 取締役 CJO
株式会社Asante(AFRIKA ROSE)取締役 CFO/CMO/CSO
株式会社Next Commons Lab 監査役
株式会社ブレスカンパニー 取締役 CHRO/CPO
Commons LLP. Boardmember/Supervisor
NPO法人neomura 理事 CFO
(一社)自然経営研究会 発起人/代表理事
(一社)不動産テック協会 発起人/理事(初代代表理事)
(一社)LIVING TECH協会 理事
(一社)Social Entrepreneurs Association メンター
(一財)西粟倉むらまるごと研究所 共同設立者
奈良県立大学 地域創造学部 協同研究員

【アドバイザー、アンバサダー、顧問企業】

株式会社ビヨンドGOB
Incubation Partners株式会社
株式会社ゲットイット
株式会社わたしのお教室
有限会社タニカワクリーニング
株式会社fascinate
株式会社ジン・コーポレーション
一般社団法人Next Commons Lab
株式会社ザート・トレーディングハコニワ・ファーム
MAISON CACAO
株式会社PHI
(公財)日本賃貸住宅管理協会 IT・シェアリング推進事業者協議会 幹事(2017〜2019)
国土交通省 PRE(公的遊休不動産)アントレプロジェクト アドバイザー(2018)
(一社)レジリエンスジャパン推進協議会 住宅地盤情報普及促進ワーキンググループ 委員(2016)
官民協働フォーラム ミチカラ 実行委員
官民連携推進ラボ メンバー
世田谷地域コミュニティ せたコン/チーム用賀/用賀Blue Hands 設立メンバー
(一社)日本タッチ協会 顧問
(一社)マナビダイスキ 顧問
地域主権型道州制国民協議会 六本木支部長(2011〜2014)

【著書】

社長も投票で決める会社をやってみた(WAVE出版)
管理なしで組織を育てる(大和書房)
自然経営(内外出版)
不動産テックを考える(共著)(プログレス)